エネルギー資源開発

バイオマス燃料の特長

固定価格買取制度

経済性

環境問題やエネルギー源の確保への対処の一環として、再生可能エネルギーの普及拡大と価格低減の目的とし、2012 年 7 月より固定価格買取制度が始まりました。弊社で提供するバイオマスによる発電もこの制度に基づき、電力会社様へ売電することが可能です。

送電線

運搬・運転に適した形状・性状

燃料は高圧で押し固めたペレット状やベール状のエネルギー密度が高い製品である為、運搬と貯蔵性に優れています。その燃料は定期的に弊社の貯蔵施設に搬入し保管します。

火

安定した高カロリー

木質バイオマスを原料とし、ペレットやベール化したものを燃料として使用します。この燃料は水分調整を行い、化石燃料に代替する発熱量が得られます。

森林

環境保全

従来未活用だったバイオマスを活用しており、成分についてはカーボンニュートラルな燃料であるため、化石燃料と比較した場合、環境負荷が軽くなります。